定額減税と住宅ローン

定額減税と住宅ローン

定額減税と住宅ローン減税はどのような関係があるのかと思っている人も多いと思いますが、まず定率減税が廃止されることになりましたから住宅ローン減税が減額されたのと同じように10年の期間が15年になっていて、特に変わったことはないようになっています。
そもそも定額減税というのは所得に関係なく決められた金額を、本当なら支払わなければいけない所得税や住民税から引くということをいます。
所得が低い人ほど嬉しい仕組みですが、経済効果としてはどうなのでしょうか。
景気が悪い中で減税をしたところで何か変わるのかということは言われています。
定額減税は年収に関係なく統一された金額を減税するという仕組みですがその大きさは2兆円といわれています。
一世帯当たりにすると4人家族の場合には5万5千円といわれています。
住宅ローンを組んで家を購入するなら今がチャンスだといわれていますが住宅ローン減税や定額減税などの新しい税制改正によって今本当にかなりいろいろと有利に利用して住宅ローンを組むことが可能になります。
長期優良住宅になると、最大で600万円もの減税されるとも言われていますし、減税額が所得税よりも超えているという場合には97500円を1年間の上限にして住民税からも引かれますから家計にとってはとても負担が軽くなるのではないでしょうか。
住宅ローン減税自体も5年間延長可能になり、控除の額は2年目以降に少なくなっていくように設定されています。