住宅ローンと配偶者のキャッシング

住宅ローンと配偶者のキャッシング

住宅ローンの審査結果が、キャッシング利用歴がなくても通過しないことがあります。
例えば、配偶者のキャッシング利用履歴に事故情報があったり現在利用中のキャッシングがある場合です。
条件によっては、家族がどのようにキャッシングを使っているかは関わりがないこともあるといいます。
影響があるのは、どういった事情の時でしょうか。
連帯債務者として設定されている時です。
住宅ローンの審査を受ける場合、もしも債務者が1人なら、配偶者のキャッシングの使い方は特に関係はありません。
ですが、夫婦で住宅ローンの返済を行うという取り決めにした場合、2人両方のキャッシング状況が問われます。
配偶者と共に住宅ローンを返していくのであれば、片方が債務者、もう片方が連帯債務者という形を取ることになります。
そのため、連帯債務者になる人についても住宅ローンの審査対象になります。
ただし、過去にキャッシングを使ったことある人だとしても、問題を起こさず滞りなく返済が済んでいれば、特に問題扱いはされません。
クレジットカードで利用できる金額の上限も、キャッシングの利用金額並みに見なされます。
カードのキャッシングによって住宅ローンの審査を通らなかったケースが過去にあるようですが、最近はかなり緩和されているようです。