米子市 借金返済 弁護士 司法書士

米子市に住んでいる方が債務整理・借金の相談するならここ!

借金をどうにかしたい

借金の金額が多すぎて返済が厳しい…。
多重債務を抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしそう思っているなら、できる限り早く弁護士・司法書士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がストップしたり、などといういろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で米子市にも対応している、お勧めの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
また、米子市の地元にある法律事務所・法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、自分だけではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知恵・知識を借り、解決の道を見つけましょう!

債務整理・借金の相談を米子市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

米子市の借金返済や債務の悩み相談なら、こちらの事務所がおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いも可能です。
弁護士への相談料ももちろん0円!
借金督促のストップも可能。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、債務・借金に関して無料相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することができます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

米子市の方が債務整理・借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる診断ツール。
カンタンな質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国対応のサービスなので、米子市在住の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



米子市周辺の他の弁護士や司法書士の事務所紹介

他にも米子市には法律事務所・法務事務所があります。参考にしてください。


●横山幸三司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎2丁目10-20
0859-22-7661

●北沢薫司法書士事務所
鳥取県米子市米原5丁目3-20
0859-31-5247

●和心総合法律事務所
鳥取県米子市久米町328
0859-37-2580
http://legal-findoffice.com

●法橋卓郎司法書士事務所
鳥取県米子市加茂町1丁目31
0859-22-2766

●足立珠希法律事務所
鳥取県米子市久米町45
0859-21-8123
http://adachi-law.net

●田中健雄司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎7丁目11-25
0859-24-1241
http://tanaka-shihou.jp

●西村法律事務所
鳥取県米子市西町142
0859-31-2840

●司法書士廣谷栄一事務所
鳥取県米子市万能町191
0859-21-1501

●安田法律事務所
鳥取県米子市東町296
0859-33-1019

●武良克己司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎2丁目10-16
0859-22-6655

●川中・野口法律事務所
鳥取県米子市加茂町2丁目219
0859-33-7077

●高橋敬幸法律事務所
鳥取県米子市東町410
0859-34-1996
http://upp.so-net.ne.jp

●大山亜紀子司法書士事務所
鳥取県米子市角盤町3丁目91
0859-37-6517

●縄司法書士事務所
鳥取県米子市尾高町70
0859-31-3645

●アザレア法律事務所(弁護士法人)
鳥取県米子市加茂町2丁目112
0859-23-2250
http://azalea-law.net

●現銀谷正司法書士事務所
鳥取県米子市旗ヶ崎1丁目5-2 ランドシップパオU
0859-35-8822

●鹿島康裕司法書士事務所
鳥取県米子市加茂町2丁目113 加茂町ビル 2F
0859-30-2381

米子市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

米子市在住で借金返済、どうしてこんなことに

借金が増えすぎて返せなくなる原因は、たいていギャンブルと浪費です。
パチンコやスロットなど、依存性のある賭け事にのめり込み、借金をしてでもやってしまう。
そのうちに借金はどんどん多くなって、とても返しようがない額になってしまう。
もしくは、ローンやキャッシングなどで高級品やブランド物をたくさん買い続け、借金も日増しに多くなる。
カメラや模型など、ムダに金のかかる趣味に入れあげてしまうのも、「浪費」と言えなくもありません。
自己責任で作った借金は、返済しなければなりません。
しかし、金利が高いこともあって、返済が容易にはいかない。
そういった時ありがたいのが、債務整理です。
弁護士や司法書士に相談し、お金・借金の問題の解消に最良のやり方を見つけ出しましょう。

米子市/債務整理のデメリットって?|借金返済

債務整理にもさまざまな方法があって、任意で貸金業者と話し合いする任意整理と、裁判所を通じた法的整理の自己破産若しくは個人再生という類が有ります。
では、これらの手続きについてどの様な債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これ等の3つのやり方に共通している債務整理の不利な点というと、信用情報にそれ等の手続きを行った旨が掲載されてしまうという事です。いうなればブラック・リストというふうな状態です。
とすると、おおむね5年〜7年ぐらいは、カードが作れなくなったり又は借入ができない状態になります。しかしながら、あなたは支払金に日々苦しんだ末これらの手続を実際にする訳なので、もう少しだけは借り入れしない方が良いのではないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまっている人は、逆に言えば借り入れが不可能になる事によってできない状態になる事により救済されるのじゃないかと思います。
次に自己破産と個人再生の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続をやったことが載るということが上げられます。しかしながら、あなたは官報等観たことがありますか。むしろ、「官報ってどんな物」という人のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国がつくるする新聞のようなものですけれども、やみ金業者等の一部の方しか目にしてません。だから、「自己破産の実情が周囲の人に広まった」等といった事はまず絶対にありません。
最後に、破産特有の債務整理デメリットですが、1度破産すると7年の間は二度と破産は出来ません。これは用心して、二度と破産しなくてもいい様にしましょう。

米子市|自己破産のリスクってどんなもの?/借金返済

率直に言えば世間で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。土地やマイホームや高価な車など高額な物件は処分されるが、生きるうえで必ずいる物は処分されません。
又20万円以下の貯金は持っていても問題ないのです。それと当面の間の数か月分の生活費一〇〇万未満なら持っていかれる事は無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれも一部の方しか見ないのです。
又言うなればブラック・リストに載り7年間ぐらいの間はキャッシング若しくはローンが使用できない状況になるでしょうが、これはいたし方ないことです。
あと一定の職に就職できなくなる事もあるのです。しかしこれも限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返すことのできない借金を抱え込んでいるのならば自己破産を行うと言うのも1つの手です。自己破産を進めたらこれまでの借金が全てチャラになり、新たな人生をスタートするという事でよい点の方が大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として税理士・弁護士・公認会計士・司法書士などの資格は無くなります。私法上の資格制限として遺言執行者や後見人や保証人にもなれないです。又会社の取締役などにもなれません。だけれどもこれらのリスクはあんまり関係が無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものじゃないはずです。