住宅ローンアドバイザーとは

住宅ローンアドバイザーとは

ここ数年、民間金融機関等においては、いろいろな住宅ローン商品が出回り、消費者側から言えば「どのタイプの住宅ローンが自分に一番合っているのか」を判断することが、非常に難しくなっています。
住宅ローンアドバイザーとは、住宅金融普及協会または金融検定協会が認定試験を行なっている、任意資格です。
住宅ローンアドバイザーは、住宅購入予定者や借り換えなど購入後の方々を対象に、複雑な住宅ローンを、適切な情報をアドバイスする人を育成することを目的として、国土交通省が中心となって、取りまとめした資格です。
日本住宅ローンアドバイザーズ協会認定講習を受講、修了後、住宅ローンアドバイザー検定試験に合格された方が、住宅ローンアドバイザー試験合格者として合格証を付与され、さらに、日本住宅ローンアドバイザーズ協会に会員登録をされた方のみが、「住宅ローンアドバイザー」と認定され、認定証(携行サイズ)を受けることができます。
アドバイザーから受けられることは、住宅ローンの基礎情報・基礎知識、金利の種類や返済方法、「借りられる」ではなく「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローンの計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなどです。
住宅ローンアドバイザーになる人の必要な資質として、住宅ローンの仕組みを理解していること、住宅に関わる税務知識や諸費用について理解していること 、お客様の立場に立って、適切なアドバイスをしていことなどが、あげられます。