住宅ローンの返済方法はどうするとお得?

住宅ローンの返済方法はどうするとお得?

住宅ローンの返済方法も、住宅ローンを知る上でとても大切なことです。
住宅ローンはどうしても融資を受ける時が一番大事なので、融資を受けやすいことや金利が安いこと、手数料が安いことなどに目を奪われがちです。
ですが、これらの部分にはかなり厳しく比較検討していても、返済方法についての検討が抜けているとこの部分で損をしてしまうこともあり、見過ごすことは出来ません。
それでは住宅ローンの返済方法についての知識をまとめました。
まず、住宅ローンの返済方法には大きく分けて2つの方法があることを知っておいて下さい。
その2つの方法とは「元利金等返済」と「元金均等返済」です。
パッと見ただけでは名前が似ているので同じ言葉が2回並んでいるように見えますが、よく見ると2文字目の部分が「利」と「金」となっており、ここだけが違います。
1字違いの両者は名前こそ似ていても全く中身は異なります。
それではそれぞれの返済方法を解説いたします。
まず、元利均等返済。
これは借り入れ金額に金利を加算した支払い総額を支払い回数で均等割にした返済方法です。
現在一般に利用されている住宅ローンの大半はこの方法で最初から最後まで支払い回数が均等になるのが特徴です。
但しローンというのは金利から先に支払っていくものなので、同じ金額を支払い続けているとは言え、最初の頃はほとんどが金利分の支払いで、回数が多くなるにつれて徐々に元金の比率が高くなっていきます。
よく住宅ローンを組んだばかりの人が「まだ金利を払っているだけ」と話すことがありますが、これは元利均等返済の住宅ローンが始まったばかりであることを意味しています。
以上の解説をお読みになると「元利」という言葉は「元金と金利」という2つのお金を略したものであることが分かりますね。
次にもうひとつの「元金均等返済」。

これは借り入れ金額を支払い回数で均等割りにして、そこに金利を加算したものを毎月返済することになります。
前者の元利均等返済だと最初は金利を支払っているだけですが、これだといきなり元金を支払っていきますので支払い開始直後から元金が減っていきます。
元金が徐々に減っていくということは、ローン開始直後は一番元金が多い状態なので、そこに金利を上乗せしますから初回が最も返済金額が高くなります。
そして、元金が減るごとに徐々に減っていきます。
このため若いうちの支払いが高くなってしまうので、利用できる人は限られてしまいます。
実際にこの返済方法を利用している人は少数派です。
元金が最初から減っていくということで、支払い総額は低くなるので総額で比較するなら断然おトクな返済方法です。