住宅ローン借り換えの見極め

住宅ローン借り換えの見極め

「住宅ローンの借り換え」とは、現在より高金利で借りた住宅ローン(特に固定金利型のもの)を、低金利やその他の点で、有利な住宅ローンに乗り換えることをいいます。
ただし条件として、住宅ローン返済中の現在の住宅に引き続き居住することが前提となります。
「住宅ローンの借り換え」は、必ずローンの支払いが出来なくなる前に申し込む必要があり、支払が滞ってからでは信用が低下してしまい、そのために借り替えを断わられるケースが、多く見られます。
ですので、転職を検討している人は、現在の会社に在籍しているうちに借り替えローンの申し込みをした方が有利になります。
では「住宅ローンの借り換え」のメリットを説明しますと、・返済総額を数百万円も少なくする ・長期固定金利に借り換えることで、今後の金利上昇のリスクを回避する・低金利に借り換え、さらに返済期間を短くして、返済総額を大幅に節約する・低金利に借り換え、返済期間はそのままにして月々の返済額を少なくする、などがあげられます。
また、デメリットとしては、住宅ローンの借り換えには『手数料』や『借入金残高の内入れ』などによって、意外と経費や資金がかかってきます。
しかし、金利差が少ない場合や残高が少ない場合は、借り換えをしない方が手数料などの発生しない分、安い場合もあります。
それと、変動金利の住宅ローン、固定金利選択型の住宅ローン、ゆとり返済・ステップ返済方式のローンを利用している人などは、現在よりも返済負担を軽くできる可能性が高いので、住宅ローンの借り換えの検討をお勧めします。