住宅ローン繰上げ返済の見極め

住宅ローン繰上げ返済の見極め

住宅ローン繰り上げ返済とは、通常の支払いとは別途に、ある程度まとまった金額が出来た時に、元金分として返済する事を言います。
手元に、余裕のある資金がある時には、金利が低く預貯金の利息が増えない貯金に回すよりも、将来の住宅ローンの返済分を減らしたほうが、金額的にも効果的だと考えられます。
繰り上げ返済には、繰り上げ後の返済期間が短くなる「期間短縮型」と、毎月返済額が軽くなる「返済額軽減型」の2種類があり、多くの金融機関では、どちらかを選ぶ事ができます。
利息の事を考えれば、期間短縮型をお勧めします。
特に借りて間もない時期は、返済額軽減型よりも利息額を、少なくできるので有利となります。
返済の当初は、返済額に占める利息の割合が非常に大きくなっていますので、「期間短縮型」を選択すると、その期間分の利息が全部カットできるため、軽減される利息額が大きくなるわけです。
ですから、返済開始後、早い段階で繰り上げ返済した方が利息の軽減効果が大きくなります。
もう一つの「返済額軽減型」の方は、返済期間はそのまま同じで、毎回の返済額を減らす方法です。
毎月の支払いがきつく、少しでも住宅ローンの負担を減らしたい場合に、選択される事が多い型です。
あと、ローン返済残高を一括で返済する「繰り上げ完済」があり、この返済方法は、大きな収入があった時や、ローンの借り換え時に、全ての返済を終わらせる方法です。
ポイントとしては、現在の返済方法での総返済額と、繰上返済を取り入れた時の総返済額の違いを、比べてみる事だと思います。