住宅ローンの推移と上昇

住宅ローンの推移と上昇

住宅ローンの金利は、その時々の景気に大きく左右されてきました。
昭和61年頃の円高不況から平成景気に移行する時点では、住宅金融公庫の基準金利が4.2%でしたが、その後のバブルによっ上昇しますが、バブルがはじけてからジワジワと下降基調を続け、平成10年に2%まで下落したのが底となっています。
都市銀行の住宅ローンでは、金利の動きはもう少し激しくなり、昭和の時代は概ね公庫金利より1%高い程度の水準だったのが、平成になると大きく乖離し始めます。
平成2年当時、公庫融資の金利が5.4%前後だったのに住宅ローンの金利は、その時々の景気が大きく関係してきました。
昭和61年頃の円高不況から平成景気に移行する時点では、住宅金融公庫の基準金利が4.2%でしたが、その後のバブルによっ上昇しますが、バブルがはじけてから下降基調を続け、平成10年に2%まで下落したのが底となっています。
都市銀行の住宅ローンでは、金利の動きはもう少し激しくなり、昭和の時代は概ね、公庫金利より1%高い程度の水準だったのが、平成になると大きく乖離し始めます。
平成2年当時、公庫融資の金利が5.4%前後だったのに対して、都市銀行の金利は最高8.5%という高水準を記録しています。
平成5年になって、都市銀行もようやく公庫と同水準までに金利が下がりました。
そして、長期的な低金利時代は、平成7年から始まっています。
つまり、もう10年間も低金利時代が続いています。
しかし、冷静に今までの金利動向を見ると、過去20年間にわたる都市銀行の変動金利は平均約4%なのです。
さらに、3年間で3%も金利が上昇した時期もありました。
今後の景気動向によって再び住宅ローン金利が4%台になる事は、充分に考えられる事だと思います。
また、住宅ローンの金利推移は、ゼロ金利政策が解除されて上昇すると予想されます。
しかし、ここ最近は、建築基準法の改正の関係で新築の着工件数が激減しているため住宅ローンの金利も低くなっています。
住宅ローンの金利は、融資実行時点の金利が適用されますから、住宅ローンを選んだり借り換えたりするにあたっては、今後の金利推移予想が必要になります。