住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンは、大きな金額ですので、しっかりとした情報収集が必要です。
住宅ローンの返済金利には、変動金利型、全期間固定金利型、当初固定金利型の3種類があります。
まず、変動金利型では、住宅ローン金利が市場金利に変動して6ヶ月ごとに金利が見直されます。
そのため、金利が低下している時には有利に、上昇している時には不利になります。
金利上昇が予想される局面では、早めに長期固定金利型に借り換えるようにする事です。
また、変動金利型を選択した際に、注意しなくてはならないのが、急激な金利上昇です。
ほとんどの変動金利型ローンで、5年間の返済額が固定されていますので、急激な金利上昇期にはいくら返済しても元本がいっこうに減らないという事態も生じてしまいます。
特に、現在日本はゼロ金利といわれるほど金利が低い状態ですが、過去の数字を見てみると、今後は金利上昇に動く可能性の方が高いと考えられます。
次に、全期間固定金利型では、ローン完済まで契約時の金利が固定されるため、低金利の時に全期間固定金利型を選択すると支払い総額を大きく抑える事ができます。
さらに、毎月の支払額が固定されますので、長期に渡って生活設計が立てやすいのが特徴です。
最後の当初固定金利型とは、住宅ローン借り入れ開始時期から一定期間が、固定金利のものです。
一定期間が経過した後は、変動金利に移行するものと、固定金利と変動金利のどちらかを選択できるものがあります。
金利が低いという変動金利型のメリットと、毎月の支払額が固定されるという全期間固定型のメリットをそれぞれ享受できますので、当初固定金利型を選択される方は多いと言う事です。