住宅ローン固定か変動か

住宅ローン固定か変動か

住宅ローンの金利は、固定と変動のどちらが有利かということですが、これは将来の金利動向と、自分のライフスタイルを見据えることが必要になってくると思います。
固定金利は、申し込みの時に設定された金利が、返済完了まで適用されるローンです。
金利が一定のため、毎回の返済額が一定なので安心でき、計画が立てやすいということがあります。
一般的には、住宅金融公庫の返済は、固定金利が適用されています。
もう一方の変動金利は、世間の金利水準に合わせて、ローンの金利が変動するタイプのローンです。
変動金利の場合、半年ごとに金利水準が見直されるのが基本になり、支払いは5年に1度の割合で、返済金額の見直しが行なわれます。
しかし、急激な金利変動があった場合には、最大での上昇でも、今まで支払っていた返済額の25%までの「返済額の上限設定」が設けられています。
それと、変動金利の方が有利な場合といえば、住宅ローンの借入期間が短い方です。
最初の数年だけで、金利が大幅に変わってしまうということはないので、変動金利の方が金利が安く借りられます。
固定金利ですと、変動金利よりも最初の金利を高く設定されているので、借り入れ期間が短い場合、固定金利だと返済額が多くなってしまうことが予想されます。
それと、固定金利型の住宅ローンでは、繰り上げ返済をするときに、手数料がかかってしまいます。
変動金利型の住宅ローンだと、繰り上げ返済をするときに手数料がかからない場合が多いのです。