住宅ローン控除って?

住宅ローン控除って?

住宅ローン控除というのがあるのをご存じでしょうか?
これは住宅購入にあたりローンを組んで購入した際に、定められた条件を満たせば、一定の期間に渡り、所得金額から決められた金額を控除することが出来るというものです。
要は、住宅ローンに対する減税の制度です。
住宅ローン控除を受けるには要件があり、比較的細かく定められています。
これをクリア出来れば、控除が受けられます。
なので、住宅を購入する際は、この控除の要件に当てはまっているかということも確認する必要があります。
主な要件としては、
1.床面積が50平方メートル以上、居住用が床面積の2分の1以上ある。
2.中古の場合は、築後20年以内。
耐火の場合は25年以内。
3.新築、増築、取得などの日から6ヶ月以内に居住し、12月31日(年末)まで居住している。
4.控除を受ける年の合計所得額が3000万円以下である。
5.増改築の場合は工事費用が100万円を超えている。
6.借入金を10年以上に渡り分割で返済。
10年以下や1%未満の利率の場合は適用外。

 

などで、他にも色々と適用要件があります。
控除額は年度末の借入残高や控除率によって変わってきます。
初めの年は確定申告が必要となってきますが、2年目以降からは年末調整で戻ってくるようです。
所得税で控除しきれなかった場合は、住民税で控除することも可能です。
住宅取得の際は、この住宅ローン控除も念頭に入れて購入を検討しましょう。
わからない点があれば、管轄の税務署か税理士に問い合わせをしてみると確実だと思います。