住宅ローン諸費用

住宅ローン諸費用

住宅ローンの諸費用は家を購入するときに、家や建物などの物件を買う金額以外に必要になっている税金や手数料のことをいいます。
住宅ローンの諸費用にはどのようなものがあるのでしょうか。
ほとんどの場合が、住宅ローンの諸費用というのは、契約の時に頭金と加算して用意しなければいけないことになっています。
どのようなものが必要なのかというと、たとえば売買契約時には、印紙税が必要です。
売買契約書にはらなければならない印紙なのですが、1000万円から500万円以下の物件の場合には1万5千円分の印紙が必要です。
5000万円以上で1億円を超える場合には4万5千円の印紙代が必要です。
物件を不動産会社に仲介してもらった場合には、仲介手数料も別途必要になってきます。
印紙代はほかにも、ローンを契約するときにも金銭消費者貸借契約書にはらなければならないものがあります。
100万円から500万円の場合には2千円分、500万円から1000万円以上の場合には、1万円といったように金額によって違っています。
他にも決済や引き渡しの時には、登記にもお金がかかりますし、登記を司法書士に依頼したときには司法書士への報酬が必要です。
そして固定資産税なども必要ですし、事務手数料、保証料、団体信用生命保険料、火災保険料などが必要になってきます。
具体的な数字にしてみると、住宅ローンの諸費用は新築物件の価格の2%から5%、中古物件になると5%から10%ということになっています。