住宅ローンの連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人については必ず必要なのかと思っている人も多いと思いますが、住宅ローンを借り入れる場合には必ず必要ということはありません。
金融機関から住宅ローンを借りるときは保証人は必要なのですが、信用保証会社から債務保証をしてもらいますから保証人は必要がないことになっています。
しかし、金融機関というのは、信用保証会社と提携していて、住宅ローンを申し込むときに、審査を受けなければいけないことになっていますがこの審査は金融機関の中だけの審査に限らず、信用保証会社の審査も受けなければいけません。
ですから信用保証会社の保証が受けられない人というのは住宅ローンが組めないことになるのではないでしょうか。
住宅ローンの借り入れの場合には連帯保証は必要ありませんが、信用保証会社が連帯保証人の代わりになりますから必ずこちらは審査に通らなければいけないのです。
そして保証料を支払うのですが保証料というのは職業や収入、借入額や返済までの期間などの割合に応じた額が計算されます。
住宅ローンで連帯保証人が必要な人というのはいないとは言い切れません。
たとえば収入が合算の場合に夫婦でローンを借り入れているという場合には連帯保証人になります。
また親や親族などの名義で建物を建てるというケースなどの場合でも、連帯保証人が必要になっています。
そして年収が低かったり頭金が少なかった場合、信用保証会社の審査に通らなかった場合にも連帯保証人が必要です。