住宅ローンを組む際の必要書類

住宅ローンを組む際の必要書類

住宅ローンを申し込む時、何を準備すれば良いのか判らず、不安を感じると思います。
住宅ローンを申込んで融資を受けるには、融資を受ける金融機関に提出しなければならない書類が、何種類もあります。
必要な書類などは、金融機関や、ローンの種類によって違いがありますので、前もって確認しておくことが大切です。
本人確認資料(免許証のコピー) ・収入を確認できる書類(所得証明書・源泉徴収書など)自営業の方は、2〜3年分の納税証明書 ・勤続年数を確認できる書類 ・健康保健証のコピー、本人・扶養家族の欄が必要 ・印鑑証明書・住民票、住民票は、家族全員記載のもの。
必要枚数は、各金融機関で違います。
・自己資金を確認できる資料、預貯金などの通帳(コピー)これは、住宅ローンは、買う物件の8割しか融資しませんので、残りの自己資金があるかどうかを確認するためです。
なお、コピー関係の書類は、偽装を防ぐために、必ず原本を確認されるのが普通です。
あと、物件を確認するための資料(不動産登記簿謄本、不動産売買契約書、重要事項説明書、建物平面図、公図、物件案内図)などがあります。
大きな不動産会社なら、きっちり面倒をみてくれると思いますが、税務署や市町村役場へ、自ら出かけて用意しなければならない書類もあります。
提出する書類には自分できちんと目を通し、何のための書類か確認しながら記入していく事が必要です。
また、必要書類の不備で、手続きに遅れが出ないように、慎重に種類や数を確認のうえ、早めに準備しておく事も大切です。