住宅ローンの保証料

住宅ローンの保証料

住宅ローンの保証料というのは、これから家を購入する人が住宅ローンを借り入れるときに、連帯保証人が立てられないとか、保証人になってくれる人がいない、保証人を立てたくないという人などが保証人を通常は立てますが、立てることの代わりとして、保障会社を利用したり、公的な保証期間を利用して保障を受ける際に支払わなければならないお金が住宅ローンの保証料です。
住宅ローンの保証料というのは、一般的に、借り入れたローンの金額や返済期間などによっても料金は違っています。
長い間住宅ローンを借り入れれば借り入れるほど保証料というのは高くなるのが一般的です。
住宅ローンの保証料は、住宅ローンを組んだとき、契約をした時に、一括で支払うのが一般的で分割にしたりはしません。
万が一住宅ローンを借り入れた人がローンの返済ができなくなってしまったというときには、保証機関が変わりに返済することになるのですが、債務、ローンが全く免除になるというものではありません。
保証期間が一時的に立て替えてくれますが、引き続き保証期間への返済はしなければいけないのです。
しかし最近は住宅ローンの保証料が必要ない金融機関も色々とあります。
住宅ローンの保証料の相場ですが、都市銀行で借入をした場合に、35年間借入をすると1000万円借りると20万以上支払うことになりますし、公庫になるとさらに高い22万円位といわれています。
借入額や期間によって変わってきます。