住宅ローンのメリット・デメリット

住宅ローンのメリット・デメリット

住宅を購入する際、ほとんどの人は住宅ローンを利用すると思います。
それでは、住宅ローンを利用する際のメリット、デメリットにはどんなものがあるでしょう。
まず、住宅ローンを利用するメリット。
これはなんと言っても、現金が無くても住宅がすぐに手に入ってしまうと言う事です。
住宅を購入するには、かなりの金額が必要となります。
けれど、購入資金が貯まるのを待っていると、いつ住宅が購入出来るかわかりませんね。
住宅ローンを利用する事で、多少の頭金さえあれば欲しい住宅を即購入する事が出来るのです。
また、住宅ローンには、「住宅借入金等特別控除」、一般的には、「住宅ローン控除」と呼ばれているお得な制度があります。
これは、住宅ローンを利用した際に、所得税や住民税から一定の金額が控除される制度です。
本来なら現金で購入出来る貯金があっても、節税の為に住宅ローンを組む人もいるようです。
次に、住宅ローンを利用するデメリット。
それは、ズバリ、「金利」です。
ローンを借りると、当然ですが、金利の負担が発生します。
現在は低金利でそんなに負担に感じていないとしても、今後景気が回復するにつれて金利も上昇する事が予想されます。
その際に、金利が重荷となって返済額が思ってもいなかった金額にハネ上がってしまう可能性があるのです。
また、住宅ローンを利用する事で住宅が手に入ったとしても、なんらかの事情でその住宅を手放す事も考えられます。

その際、売却した金額が購入した値段よりも安くなってしまう可能性もあるでしょう。

住宅ローンのメリット・デメリット関連ページ

住宅ローンを比較する際の注意点