住宅ローンの事前審査

住宅ローンの事前審査

住宅ローンの事前審査とは何かと言いますと、殆どの金融機関で導入している、住宅ローンの審査が通るどうか不安な方のために、申し込み前に無料で行われる形式的な仮審査の事で、審査結果をすぐに返すことを目的としています。
事前審査では収入や所得証明などは必要ありません。
本申込みの場合は、収入については、収入証明書を提出して年収を証明する必要がありますが、事前審査では、収入証明の提出の必要はありません。
事前審査が通れば、本申込みの時に、事前審査と同様の内容で申込み、証明書類をすべて提出して、間違いがなければ、本申込みでも融資可能になります。
事前審査には手数料も不要です。
そこで、何社かのローンで事前審査を行い一番手数料や金利などを相対的に見て、条件の良い所で借りる事も可能です。
本審査との違いは、仮審査は借入れする本人の審査が主体になりますが、本審査では購入する予定の住宅も含めた総合的な審査になる事です。
また事前審査(仮審査)は銀行側で行いますが本審査は保証会社が行います。
ですから事前審査を通っても、本審査で通らないケースが多数あるのです。
そのため、事前審査で「おそらく大丈夫だろう」と言うレベルの人だけを事前審査で囲い、本審査へと流します。
金融機関は、保証会社の保証がないと住宅ローンの融資が不可能なので、保証会社の審査はスムースに通過させたいのです。
そのため、いきなり本審査は行わず、まずは自社の審査基準と照らし合わせ、事前審査(仮審査)を行っている訳です。