住宅ローンの審査に通るには?

住宅ローンの審査に通るには?

住宅を購入する際には、大抵の人が住宅ローンを組むことを考えるでしょう。
そして、この住宅ローンを借りるには、当然、審査というものがあります。
では、この審査に通るにはどうしたらよいのでしょうか?
審査の対象になるのは、「年齢」「勤務先」「勤務年数」「勤務状況」「年収」「健康状態」などです。
それに加えて大事なのが、「信頼情報」になります。
この信頼情報とは何かというと、今までの借り入れ記録のことです。
つまり、現在借り入れを行っているか?
滞納はないか?
過去に滞納した記録はないか?
ですね。
もし、本人が嘘を言ったとしても、記録として残っていますから、クレジットカードの使用などもきちんと申し出ておきましょう。
借入額も大事ですが、それ以上に大事なのは過去に滞納がないかということです。
また、他に借り入れがあると、住宅ローンの借入金額を減らされてしまう可能性もあります。
勤務先については、それなりに安定性があり、社会的信頼の高い会社であれば問題はないでしょう。
勤務年数は長ければ長いほど有利になるようです。
最低でも3年はあった方がいいと思われます。

気になる年収に関しては、世帯の年収が最低でも300万前後と設定している銀行が多いようです。
健康状態(保険に加入できる状態か)も重要ですし、ローンを組める期間や年齢によっても、借り入れできる金額は変わってきます。
実際には、本人が健康で、安定性がある会社に長期間勤めており、300万程度の年収があって、他に借り入れを行っていなければ、審査に通りやすいと言えるでしょう。