住宅ローン本審査について

住宅ローン本審査について

住宅ローンは、前もって行われた事前審査を承認されてから、本審査へと進みます。
ですので、事前審査に通ったからと言って、すぐに新築や住宅購入の手続きに入るのは控えておく方が賢明だと思われます。
この住宅ローンの本審査に通ると、あとはもう本格的に、住宅の購入手続きに入っていきます。
その本審査を受ける際には、購入物件の契約書類などたくさんの書類が、必要になります。
本審査は、住宅ローンを本契約するための、重要な山場となりますので、慎重かつ厳しく行われます。
そのためには、なるべく審査に通りやすくなるように、前もって準備をしておく事や、本審査の審査基準の概要を知っておく事も大切です。
仮審査のときは金融機関が審査を行いましたが、本審査では、信用保証会社が審査を行います。
正式な住宅ローンの申込には、必要書類も数が多く、マンションか戸建てかでも、必要な書類がそれぞれ違ってきます。
一覧表を用意するなどして、不備がないよう心掛けましょう。
本審査では、まず住宅ローン借入申込書、団体信用生命保険申込書兼告知書を記入します。
これを元に、カードローンの支払い履歴や、年収、勤務年数、審査される訳です。
サラリーマンは、源泉徴収票・住民税決定通知書・健康保険証(写)・住民票・印鑑証明書など、個人事業主は納税証明書、確定申告書(写)・健康保険証(写)・住民票・印鑑証明書などの書類を提出します。
また、本審査にかかる期間は通常でも、約3〜4週間と見積もっておくと良いと思います。