住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準

住宅ローンは、金融機関が融資をする相手が信用に値する人物かどうかを検証する為にあり、様々な角度から審査されます。
この審査を通過しなければ住宅ローンの利用は不可能です。
審査とは、個人の属性情報がある一定の基準で評価されるということです。
主な審査基準として、申し込み時に年齢が20歳上で、定期的な収入がある人です。
完済時年齢は融機関により異なりますが、80歳までとしているのが平均的です。
勤務先会社の規模等、業種なども安定職種か、不安定職種か、危険職種かを審査します。
雇用形態では、給与のみか、歩合給制かを審査し、勤めていても、源泉徴収票が出ない場合は、自営業者として審査されます。
勤続年数は、原則として3年以上ですが、同業種での転職では多少ゆるく見られる事もあります。
反対に、自己都合退社の場合は厳しくなります。
年収も返済能力が、どの程度あるのかを審査します。
原則としては200万円以上ですが、年収によって返済可能負担率が異なります。
資産状況は、頭金や諸費用に充てるための自己資金が、どの程度あるのかを審査します。
他の借入状況は、クレジット・消費者金融でのキャッシングや、自動車ローンなどを、個人信用調査機関を通して審査されます。
社会保険の加入状況は、退職後の返済能力を審査します。
原則として社会保険(国民年金)へ加入している事です。
これは、退職後も住宅ローンの返済が続く事を前提に融資の審査をするためです。

健康状態も、団体信用生命保険への加入ができる事が貸し出し要件になるので、告知扱いの生命保険加入審査があります。