住宅ローン借り換え比較

住宅ローンの種類と特徴記事一覧

銀行の住宅ローンの特徴

銀行は最も一般的にも名前が知られている金融機関です。預金者からお金を預かって、それをお金が必要な人に貸し付けてその金利で稼ぐ。これが銀行のビジネスモデルです。その中に住宅ローンも当然含まれています。もともと銀行というのは法人、つまり企業を相手にお金を貸す商売でした。ところがご存知のようにバブル崩壊に...

≫続きを読む

民間企業の住宅ローンってどうなの?

旧住宅金融公庫などの公的な住宅ローンや銀行の住宅ローンは確かに金利が安くておトクです。ですが金利が安いということはそれだけ信用状態の良い人にしか貸し付けをしないということでもあります。つまり審査の基準が厳しいのです。そのため、極めて一般的な社会人として生活している人でもこれらの金融機関の基準を満たし...

≫続きを読む

住宅ローン、フラット35

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している長期固定金利住宅ローンです。フラット35の長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。フラット35は、「金利変動がない...

≫続きを読む

長期固定金利のフラット35って?

住宅ローンにもたくさんの種類がありますが、その中に長期固定金利「フラット35」というものがあります。これは何なのかというと、その名の通り、最長35年間に渡り、金利が変動しない固定型の住宅ローンのことです。契約時の金利がずっと続くので、途中で金利が上がってしまうということがありません。金利が不安定な変...

≫続きを読む

住宅ローンの金利とフラット35

住宅ローンの金利は比較検討時に最も重要な指標になると思います。何せ高額な買い物ですし、通常住宅ローンは35年にわたるものですから0.1パーセント金利が違うだけでも総支払額は数十万円単位で大きく変わってきます。ここでは金利について掘り下げてお話します。住宅ローンの金利には変動金利と固定金利があります。...

≫続きを読む

住宅債権積立の「つみたてくん」って?

住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が発行する住宅債券には、「つみたてくん」と言うものがあります。「つみたてくん」とだけ聞くと、その名の通り、お金を積み立てることを想像しますが、住宅債券にはどういったメリットがあるのでしょうか?「つみたてくん」とは、積立期間が3年〜5年で、20万、40万、60万を...

≫続きを読む

JAの住宅ローン

jaバンクが取り扱いを開始した住宅ローン「JAあんしん計画」の最大の特徴は、金利が2段階固定型で公庫よりつねに0.1%低い水準に設定されていることです。都市銀行の住宅ローンと同様、金利に団体信用生命保険料(団信保険料)が含まれていることです。公庫の場合は金利に団信保険料が含まれていないので、別途支払...

≫続きを読む

新生銀行の住宅ローン

新生銀行にはパワースマート住宅ローンというものがあります。この新生銀行住宅ローンの最大の特徴は「自動繰上返済」機能です。自動繰上返済とは引き落としに使う口座の残高があらかじめ指定していた金額を超えると自動的にその超えた金額を繰り上げ返済に回すという機能です。パワースマート住宅ローンでは繰り上げ返済が...

≫続きを読む

労働金庫の住宅ローン

労働金庫の住宅ローンは、労働組合員の福利厚生のための機関で他の銀行と同じように預金や融資ができます。労働組合員でなくても利用資格を得れば住宅ローンを組めます。原則としてはまず労働組合の組合員でなければなりません。そして会社の労働組合が労働金庫の会員でなければなりません。もし会社に労働組合がない場合は...

≫続きを読む

みずほ銀行の住宅ローン

みずほ銀行住宅ローンは、返済期間は最長35年。最大1億円まで利用できます。3つの金利方式が用意されています。生活環境や金利動向の変化に応じて、その都度、金利方式を選べる仕組みになっています。みずほ銀行住宅ローンの借入金利は、申し込み時ではなく、実際に借り入れする日の金利が適用されます。みずほ銀行住宅...

≫続きを読む

郵便局の住宅積立貯金って?

住宅を購入する時に、知っておきたいものの一つに郵便局の住宅積立貯金という商品がありましたが、これはどういう商品なのでしょうか?以前は「つみたてくん」「住宅積立貯金」などといった商品がありました。郵便局の住宅積立貯金とは、住宅の購入やリフォームの予定のある人が利用できる積立預金で、いくつかのメリットが...

≫続きを読む

勤労者財産形成貯蓄って?

働き始めると、財形貯蓄を始める人もいます。財形とは聞かないようで、良く聞く言葉ですよね。以下、財形について記したいと思います。まず、財形は正式には、「勤労者財産形成貯蓄制度」と言います。文字通り、勤労者が対象で、得られた給料から天引きされて貯蓄に回されます。事業主と銀行側が協力していなければなりませ...

≫続きを読む

GEMONEYの住宅ローンの特徴や評判

自営業の方や、勤続年数が短くてローンを組めない方、また、他の銀行の審査に落ちた方には、GEMONEYの住宅ローンがあります。このGEMONEYの住宅ローンは、全く新しいタイプで、年収や頭金の金額で金利が決まるのです!なので、審査をするまでは、金利がどのくらいなのか全く分かりません。GEMONEYは、...

≫続きを読む

イオン銀行住宅ローンの特徴や評判

“イオン”と言えば、大手ショッピングセンターとして有名ですね。そのイオングループの子会社であるのが、イオン銀行。こちらの銀行の住宅ローンですが、一見、とても金利が安いように思えます。しかし、この安い金利の裏には、もちろん、お約束の条件があります。イオン銀行の住宅ローンの金利は、1年固定で0.6パーセ...

≫続きを読む

オリックス住宅ローンの特徴や評判

オリックスのフラット35には、「金利タイプ」と、「手数料タイプ」の2つのタイプが用意されています。「金利タイプ」は、借入期間中の金利を重視したタイプ。「手数料タイプ」は、当初手数料を少なくする事を重視したタイプになります。オリックスの住宅ローンでは、保証料も繰上げ返済手数料も無料です。ただし、繰上げ...

≫続きを読む

ソニーバンク住宅ローンの特徴や評判

ソニー銀行には、「変動セレクト住宅ローン金利プラン」と、「住宅ローン金利プラン」があります。「変動セレクト住宅ローン金利プラン」は、適用期間中、金利が年1.2パーセント引き下げられ、金利0.872パーセントとなります。また、事務手数料は、返済金額の2.1パーセント。「住宅ローン金利プラン」は、全期間...

≫続きを読む

楽天銀行住宅ローンの特徴や評判

変動金利は、金利が安いのが魅力的ですが、いつ金利が上がるかも分からないので、正直ドキドキさせられます。しかし、固定金利になると、変動金利よりも金利が若干高めとなります。家を購入される時には、借入する銀行でも迷いますが、この金利でも悩まされますよね。そういう方にオススメなのが、フラット35です。フラッ...

≫続きを読む

住信SBIネット銀行住宅ローンの特徴や評判

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、金利が安いと評判です。ネット専用住宅ローンで、変動金利は通期引下げプランで0.865パーセント。10年固定は、当初引下げプランで1.48パーセント。20年固定は、当初引下げプランで2.18パーセント。確かに、金利は他の銀行と比べて安いです。しかし、その分、事務手数...

≫続きを読む

新生銀行住宅ローンの特徴や評判

新生銀行のパワースマート住宅ローンは、住宅ローンの中でも、1位、2位を争う程の人気です。その理由は、金利の安さにあるようです。その金利ですが、他社の銀行と比べると、やはり安い傾向にあります。変動金利(半年型)の場合は、優遇後金利が0.980パーセント。当初固定金利タイプ(1年固定、3年固定)では、優...

≫続きを読む

東京スター銀行住宅ローンの特徴や評判

東京スター銀行の住宅ローンでは、他の銀行とは違う預金連動システムがあります。この預金連動システムとは、手元に残っている預金と同じ金額の分は、金利が0パーセントになるというシステムです。手元に預金を残しておけるというのは、いざという時の為に安心ですよね。しかし、このシステムを使うのであれば、最低でも、...

≫続きを読む