勤労者財産形成貯蓄って?

勤労者財産形成貯蓄って?

働き始めると、財形貯蓄を始める人もいます。
財形とは聞かないようで、良く聞く言葉ですよね。
以下、財形について記したいと思います。
まず、財形は正式には、「勤労者財産形成貯蓄制度」と言います。
文字通り、勤労者が対象で、得られた給料から天引きされて貯蓄に回されます。
事業主と銀行側が協力していなければなりません。
給料からの天引きなので、一度も現金を手にすることなく貯蓄に回されるため、本人にとっては貯金をしているという感覚は薄くなり、比較的貯めやすいと思われます。
その財形には三種類あります。
一般財形貯蓄(主なタイプです。
3年以上の期間に渡って預け入れできることなどが条件になります)財形住宅貯蓄(55歳未満の勤労者が住宅を購入する目的で貯蓄するものです。
5年以上の積立期間が必要です)、財形年金貯蓄(55歳未満の勤労者が老後の年金を目的に貯蓄するタイプです。
5年以上の積立期間が必要です)があります。
財形商品を扱っている銀行はとても多いので、事業主の協力さえ得られれば、やりやすいでしょう。
メリットとしては、利息もありますが、財形住宅貯蓄では、一定の条件を満たしていれば、住宅金融支援機構や雇用能力開発機構からの融資が受けやすくなります。
また、財形を預けている銀行でも融資が受けやすいでしょう。
自分や家族の教育資金などでも雇用能力開発機構から融資が受けられます。

しかし、一番のメリットは何といっても、自動的に貯蓄が出来ることに尽きると思います。