労働金庫の住宅ローン

労働金庫の住宅ローン

労働金庫の住宅ローンは、労働組合員の福利厚生のための機関で他の銀行と同じように預金や融資ができます。
労働組合員でなくても利用資格を得れば住宅ローンを組めます。
原則としてはまず労働組合の組合員でなければなりません。
そして会社の労働組合が労働金庫の会員でなければなりません。
もし会社に労働組合がない場合は入会費を払って相互会に加入すれば労働金庫の融資を利用できます。
労働金庫住宅ローンの金利は労働金庫では、地域によって金利のバラツキはありますが、都市銀行よりも低めに設定されているケースがほとんどです。
労働金庫では2.05〜3.05%なのに対して、都市銀行は3.1〜3.25%くらいです。
固定金利選択型の10年ものになると、その差が縮小しますが、やはり、労働金庫のほうが相対的に低い水準です。
労働金庫住宅ローンの特徴は1.経費の中でも大きな額になる保証会社の保証料が、金利に上乗せされる形になっていますので一括払いの必要がありません。
2.融資限度額は高目で、通常は最高額が1億円です。
3.他の金融機関と違って労働金庫の融資には自動的に生命共済と火災共済がついていて掛け金は労働金庫の負担となっています。
4.基本的には変動金利型ローンですが、金利変動の上限を設定して、それ以上は金利の上昇分をカットするキャップ型の住宅ローンを労働金庫は早い時期から導入しています。
などが上げられます。
労働金庫住宅ローンにも住機構買取型住宅ローン「ろうきんフラット35」というフラット35ローンもあります。