長期固定金利のフラット35って?

長期固定金利のフラット35って?

住宅ローンにもたくさんの種類がありますが、その中に長期固定金利「フラット35」というものがあります。
これは何なのかというと、その名の通り、最長35年間に渡り、金利が変動しない固定型の住宅ローンのことです。
契約時の金利がずっと続くので、途中で金利が上がってしまうということがありません。
金利が不安定な変動型に比べると安心の出来る住宅ローンだと言えます。
特に低金利が叫ばれるような昨今、この「フラット35」はマイホームを夢見る人にとっては心強い味方でしょう。
では、それを申し込むにはどうしたらいいのでしょうか?
「フラット35」を扱っているのは、民間の金融機関になります。
しかし、ここでの注意点は金融機関すべてが一律の金利を打ち出しているわけではないということです。
金融機関によって金利は様々なのです。
なので、最初はいろいろな銀行を下調べすることになるでしょう。
ネットを使えば、楽に金利を比較できます(最新の情報か注意しましょう)。
フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して、融資をする住宅ローンです。
こういった意味で安心感のあるのはもちろんのことなのですが、保証料も不要で、繰り上げ返済した場合の手数料も無料です。
そして、物件検査を受けられたり、相談などにものってくれます。
今は、どの金融機関でもいろいろな住宅ローンを商品化していますが、住宅ローンを考える際は、「フラット35」も候補に入れておくようにしましょう。