JAの住宅ローン

JAの住宅ローン

jaバンクが取り扱いを開始した住宅ローン「JAあんしん計画」の最大の特徴は、金利が2段階固定型で公庫よりつねに0.1%低い水準に設定されていることです。
都市銀行の住宅ローンと同様、金利に団体信用生命保険料(団信保険料)が含まれていることです。
公庫の場合は金利に団信保険料が含まれていないので、別途支払う必要があります。
保険料は35年返済の場合で1000万円当たり65万円強となり、金利に換算すると0.3%弱です。
公庫の場合は団信への加入は強制ではありませんが、ほとんどの人が加入しています。
つまり、ja住宅ローンは「JAあんしん計画」は実質的に公庫融資より0.4%近く金利が低いというわけです。
ja(農協)の住宅ローン「JAあんしん計画」は、正組合員もしくは、准組合員が借りることができます。
正組合員は、地区内で農業を営んでいる必要がありますが、准組合員は出資金を出してjaを利用していれば、サラリーマンでも借りる事が可能です。
ja住宅ローンは住宅の新築、増改築、中古住宅の購入、住宅用の土地の購入、住宅ローンの借り換えなどに利用できます。
返済方法・融資額・融資期間等も選択が可能です。
ja住宅ローンの諸費用などは各都道府県地区のJAごとに設定されていて、取扱手数料は0〜3万円程度、繰り上げ返済手数料は0〜数千円程度、ローン保証料は原則、借入額の0.2%程度となっています。
また、取り扱い窓口は各地域のJAですが、JAによってja住宅ローンの金利改定時期が若干異なる場合もあるそうです。