郵便局の住宅積立貯金って?

郵便局の住宅積立貯金って?

住宅を購入する時に、知っておきたいものの一つに郵便局の住宅積立貯金という商品がありましたが、これはどういう商品なのでしょうか?
以前は「つみたてくん」「住宅積立貯金」などといった商品がありました。
郵便局の住宅積立貯金とは、住宅の購入やリフォームの予定のある人が利用できる積立預金で、いくつかのメリットがあります。
住宅一戸につき一口のみ利用が可能です。
郵便局の通常の限度額は1000万円ですが、この他に、別枠で最高50万円積み立てることと、1年から5年以内でのコースの設定が可能でした。
さらに、一定の積み立てを行えば、公庫の融資を受ける際に郵貯加算額をプラスして利用することができます(建設の場合は最高275万円、リフォームの場合は100万円)。
金利は固定で、利率も良く、安定型の商品なので人気がありました。
満期の1年前から2年後までに融資を申し込むことが可能です。
しかも、政府保証されているので、安心感があります。
デメリットとしては、積み立て期間中に解約しにくい点です。
途中で解約してしまうと、利率が低くなってしまいます。
このようにメリットの多い住宅積立貯金ですが、現時点では新規の申し込みはできなくなってしまいました。
でも、それまでに申し込んでいた場合は、継続して利用することができるようです。
郵貯・簡保管理機構に引き継がれて、政府保証もされています。
新規の申し込みが出来なくなってとても残念です。
ぜひ、もう一度復活させてほしいものですね。