低金利の変動型住宅ローン

低金利の変動型住宅ローン

より低金利で住宅ローン融資を受けたいのであれば、固定金利型より変動金利型の方が向いています。
変動金利の場合、通常金利が半年に1回見直されます。
低金利から高金利へ推移すれば、おのずと後の支払い額も大きく変わってしまいます。
変動金利の住宅ローンの場合、金利自体の見直しは半年ごとにあります。
返済額の改定は5年ごとというのが一般的になっているようです。
ただし、住宅ローンの金額は現時点の1.25倍より多くならないことになっています。
金利が変わったとしても、大幅に返済金額が増えないようになっているのです。
バブルのころに比べると、低金利と言われている今の時代、より利率の低い変動金利の住宅ローンはとても魅力的です。
金融会社によっては、ほぼゼロといってもいい程の金利で住宅ローンを取り扱っています。
長期的に金利の変化を考えた場合、住宅ローンの変動金利は以後増えることがあります。
住宅ローンの返済額のほとんどが、まず利息部分にあてがわれてしまいます。
頑張って返済を続けても、元金自体が一向に払えていないという状況もあります。
リスクを回避するために変動金利を選択した場合は、できるだけ低金利のうちに繰り上げ返済を行いましょう。
住宅ローン自体を減らしておくことが重要になります。
住宅ローン返済をスムーズに行うためには、低金利の変動金利を選ぶことも意味がありますが、長期的な視点もポイントです。

低金利の変動型住宅ローン関連ページ

住宅ローンと低金利
低金利時代の住宅ローンの特徴